FX予想サイト

メインイメージ

クローズド期間中は解約できない

投資信託にはクローズド期間というものがあります。
皆様の中で、携帯電話を他社に乗り換えをした方はいらっしゃるかと思います。携帯電話を乗り換えるという事は、解約が必要になります。そしてその際に解約金が発生する場合があります。

ところで、それは投資信託の場合はどうなのでしょうか。投資信託では、そこにクローズド期間が関係してきます。
クローズド期間中は、解約はできません。あくまでも本人が死亡した等の特別な事情がない限り解約は不可能なのです。まあ購入の際には、やはり慎重になるべきかなと思います。
ただし「全て」の投資信託の商品にてクローズド期間が定められているという事ではありません。それも含めて、購入時にはよくよく確認をするべきかなと思います。

なお投資信託も解約金は発生しますので要注意です。ところでそれはFXの場合はどうなのでしょうか。
FXには、そもそも解約という概念が存在しません。一度「米ドルを買います」という箇所をクリックしてしまったら、もうキャンセル不可能です。
ですが、よく考えるとそれは当然です。「両替」をしているからです。

そのため、FXの取引画面でクリックする時は気をつけましょう。クリックするのは一瞬です。
ですが、その一瞬によって大損をしたというネガティブな結末にならないようにくれぐれも気をつけたいものです。
そして「何かが違う」と思ったら、直ちに損切りをしましょう。そういう意味では、損切りは上記の解約という概念と似ていますね。
有意義のあるエンジョイFXライフを送るためにも確認するというのはとても大事です。

ノーロードならば手数料無料のものも

投資信託では、ノーロードという用語は理解をしておく必要があります。なぜなら、手数料に大きく関わってくるからです。
結論から申し上げると、ノーロードではインターネットを経由して投資信託を購入します。その結果、手数料が非常に格安になるのです。

皆様は対面取引はご存知でしょうか。
対面取引というのは証券会社の店舗での対面での取引や、電話での取引です。
そして対面取引は手数料が非常に高くなる傾向があります。ところがインターネットを経由して取引をすると、手数料が非常に格安になってくるのです。
投資信託の商品の中には、手数料が非常に高いものもあります。それは「積立」タイプの投資信託の商品にとっては、決して軽視ができないものです。1回だけの手数料ならば大した金額ではなくても、やはり多数の購入をすれば手数料も軽視ができなくなるからです。

ですが、ノーロードならば手数料無料のものも存在します。やはり、それは非常に魅力的なものです。
ところでFXの場合はどうなのでしょうか。そもそもFXでは対面取引を採用している業者が非常に少ないものです。従って、FXの場合はやはりスプレッドの格差が大きなポイントになるものです。
逆に対面取引を採用しているFX業者の場合も、対面取引の方がネット取引よりも手数料が割高となるものです。ちなみに、それは株でも同様です。

まあインターネットを積極的に利用するのが、大抵の金融商品に関しては手数料が格安になる傾向は強いという訳です。

FXプライム|まじめにFX。
FXプライム|まじめにFX。

FX関連サイト

外為トレンドナビ
外為トレンドナビ

GMOクリック証券 取引手数料0円、スプレッド0.4銭(米ドル/円)、信託保全100%
GMOクリック証券

SBI FXトレード 取引手数料0円 1通貨から取引可能!
SBI FXトレード

Copyright© 2013 FX予想サイト All Rights Reserved.